日々、空想日和ブログo
彩色/花の渦/枯れたドレスのヒダ

 
ばら1

ばら2

ばら4

ばら5

ばら3

 music.  sugarplum fairy / marigold

反映 comments(0) trackbacks(0)
くちびるは はずかしいきもち
  • のような 顔の色彩

    プレパラートの空 硝子
    ささやかな粒子となって 
    降りてくる

    ぴたりと重なって 呼吸する皮膚

     

    ハルのソラ
                                         place.
      oven mitten Cafe

反映 comments(0) trackbacks(0)
ひとつの空
 羽根 ゆきのみずたま。

混沌を どこへもしらない
口のない目で とじてみて。

まっすぐなシロ

反映 comments(0) trackbacks(0)
自動記述 生きる文字
 

溶ける魚

アンドレ・ブルトン

 泉が入ってくる。
泉は街を駆けまわってわずかな日陰を探した。必要なものが見つからなかったので、彼女は嘆きながら、見てきたことを語る。
いくつものランプでできた太陽を見たら、もうひとつの太陽より心にしみたの、本当よ。カフェのテラスで歌を一つか二つ歌ったら、黄色と白の重い花束を投げられたのよ。髪を顔になでつけたら、髪の匂いはとてもきつかったわ。彼女は眠くてたまらないのだが、本当に必要なのは、昆虫の首飾りやガラスの腕飾りに囲まれて美しい星で寝ることだろうか? 泉はおだやかに笑い、僕の手が触れたのに気づかなかった。彼女は僕の手の下でかすかに身をかがめて、鳥たちが彼女の冷気しか知りたがらないことについて考えている。彼女は気をつけなければならない、僕は彼女をほかの場所に連れて行くことができる、町も田舎もないところにだって。ひとりの美しいマヌカンがこの冬エレガントな女性たちのために〈ミラージュ〉のドレスを発表するだろうが、だれがこのすてきな新作を成功させるのか、みなさんはご存知ですか?
泉、もちろん泉です、僕は泉をごく簡単にこのあたりに連れてきたのですが、ここでは僕の考えは可能なものの彼方に退き、無機的な部屋の彼方にさえ退き、そこでは、僕ほど素性怪しくはないトゥアレグ族
たちが遊牧生活に満足し、装飾過剰の妻たちの間で暮らしているのです。泉、それは僕から離れて、あそこで夜を明かす木の葉の渦の中に移っていくすべてのもので、そこで僕の変わりやすい考えはわずかな風にも流され、彼女はたえず斧におそわれる樹木で、彼女は太陽の中で血を流し、そして彼女は僕の言葉の鏡なのです。

 

反映 comments(0) trackbacks(0)
呼吸と胞子

綿           棉

反映 comments(0) trackbacks(0)
birth+ and money
 手足がばらばら の感覚。
アウトプット。


箱の中へ入ります。


暗闇の奥 点々は星座なのです。

よみがえるでしょ。体が小さくなて ゆくゆく消えてちゃうわよ


箱の中には愛したひとも、愛しているひとも 連れてはゆけないよ。


しばし 行ってきます。
反映 comments(1) trackbacks(0)

 かなしみ は薄れないけど
不しあわせ というわけじゃない。

わたしには

すきなことも
すきなものも
すきなひとも
たくさん 在る

それ以上に しあわせ。


じかんは
止むどころか 待ってもくれないし。ね


色んなものことを
真摯にみつめていたい、なー。

    
                            movie  四月物語

反映 comments(1) trackbacks(0)
はっ とする。

 ムンクの 青と 赤紫。 檸檬色。
わたしの頭のなか かきませているのよ。

わー
わー
わー
わー


あしたの、
複雑な、青白色。 を想う。



たいせつな風景を切りとったような、 とても穏やかな日でした。

反映 comments(0) trackbacks(0)
ゆきと泡。

 日々のつづき、をしよう。


息づく限りをもって。



だから、
終わりにしよう。なんて 言わないで。ね、

反映 comments(0) trackbacks(0)
小春日。

ume蕾、閃き。 

反映 comments(1) trackbacks(0)
| 1/5 | >>