日々、空想日和ブログo
木蓮の蕾

モクレン 


春。を感ずる。

当惑しつつも、なにかを まってるようだ。
欲しているのか、
はたしてそれは 必要なものなのか。

ぼんやりと。している
四音に もて遊ふ

どこかへつれていかれそうなのさ、

そろそろと、かえります。


宇宙を地に
金色の鱗粉を撒いて、
舞うのだそうです。

蝶のユメコトを ワタシは信じないけど。

私事 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.meltfish.net/trackback/107
<< NEW | TOP | OLD>>