日々、空想日和ブログo
はいいろ

 どこかで つばめが ないています

おやおや どうしてないているんだい?

おおつぶのあめが わたしのからだを うつのです
かぜがたましいをおいて この身をふきとばしてしまうのです

おやおや それはいけません。

あめは ながいあいだじゅう ずっとふりつづけます
ごうごうとそらが
きいたことのない うなりごえを あげます
ながくたらした やなぎのえだも
あちらへ ゆれて
こちらに ゆれて
おそろしい影絵 をつくるのです

それはいつまでたっても
ひたすら
夕 をむかえ 夜 になり 朝 をくりかえしました

そうして しらないあいだに
ただ ごろっと
ちりか いれもののように ころがっていったのです

わたしは じっとみつめて
なみだを ながしました
わたしは そっとみて
なみだをながしていました

けれど かすかにゆれたのは
やなぎのえだ ばかりでなく

それはもう
はいいろした 産毛のようだったのでした
watasi

小話 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.meltfish.net/trackback/112
<< NEW | TOP | OLD>>